M3準備備忘録【M3-2021春】

【DL版】Contrast【結月ゆかり】 – beefst製作所 – BOOTH

 M3を無事完走することができたため、M3を参加するまでの道のりを書いた。当初は2020秋M3に参加する心づもりであったが、新型コロナウイルスが怖かった・自分の楽曲に納得できなかったためスルーした。

M3 – 音系・メディアミックス同人即売会 (m3net.jp)

参加の動機

 私はずっと同人に憧れを抱いていた。「コミケ出たいなぁ」なんて言いながら売れないことを言い訳に向上心すら失っていた。しかし、今年が学生最後の年なので、やれることは全部やり切るためにM3に出る前提で計画を立てていった。憧れといっても、ただモノを売って、それを客が買う。という商売の構図ではなく、距離感に憧れた。Twitterでは常に間合いを意識しているので、向こうが人懐っこい性格でもない限り、私は間合いを保ち続ける。それは望んでそうしているのかというと当然そうではない。それがマナーであると勝手にルールを作って逃げているだけなのである。一方で顔が見えると、不思議なものでそんなルールなどお構いなくなる。バリケードの中で遊ぶことは退屈なのである。

①作品について – 知見・機材導入

楽曲制作のフレームワーク(前編) – ニコニコ動画 (nicovideo.jp)

楽曲制作のフレームワーク(後編) – ニコニコ動画 (nicovideo.jp)

IQ3でもわかるミキシング【EQ・音作り】

IQ3でもわかるミキシング【リバーヴ・音作り】

作詞についての意見

FAを使用した楽曲制作フローについて

CeVIO AI 結月ゆかり麗調声について・新月に魅入られて制作備忘録

②作品について – 備忘録

#ノナカノコドク制作備忘録

サイボーグマニア制作備忘録

③発表準備

BOOTHオープン!

出オチコンピのお知らせ

出オチコンピ備忘録

M3初心者が0からCDを作ってみた

【DL版】Contrast【結月ゆかり】 – beefst製作所 – BOOTH

④結果・感想

集計データ

 現地で販売したCDは5枚であった。無料配布したCDは19枚、視聴数は2回。僕にとってはこれはとても嬉しい数字であった。3枚売れたら御の字、10枚売れたら泣く気持ちでいた。コロナ禍による参加人数の少なさ、初参加にしては上出来なのではないだろうか?

 知見をいくらか加えて書く。CDを手に取る人よりも試聴をしてくれる人の方が少ない(視聴コーナーなどで聞いている可能性はある)。視聴によって購入を決める場合もある。無料配布はそこそこ手に取ってもらえる(また、それによって興味を持ってもらえる)。実際、無料配布のデータからは傾向を感じることができる。次回からはサークルの前を通った人の数も集計したいと思う(さすがに手作業は無理なので適当にセンサーでも買う)

健全に大赤字です。

大赤字……。ちなみに、頒布予定のものが全て売れたとしても回収できず、完全にキャッシュフローのデザインを間違えた。最後に、次回の対策についてを書いた分を置いておく。

即売会・ブースの戦略【M3】

投稿者: beefst

機械工学,クリエイターをしています.読書も好きです.

M3準備備忘録【M3-2021春】」に2件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。